湘南鎌倉総合病院 先端医療センター

PET/CTPET/CT部門

MEDICINEFDGというお薬について詳しく教えてください

FDGは18F(フッ素18)という放射性物質を含んだ放射性薬剤です。
正確には18F-FDG(18F-fluorodeoxyglucose、18F-フルオロデオキシグルコース)といい、ブドウ糖(グルコース)によく似た薬剤です。
化学構造上、ブドウ糖のC-2の位置(下図の←)の水酸基(OH) が18Fに置き変わったものです。この18Fが放射性物質であり、ポジトロン(陽電子)という放射線を出します。

体内に投与されたFDGは細胞の中に取り込まれ、途中まではブドウ糖と同じように代謝されるのですが、そのあとの反応が進みません。取り込まれたFDGは細胞内にどんどんたまっていきます。

ブドウ糖は細胞内に取り込まれ、代謝されて、エネルギー源になります。
FDGもブドウ糖によく似ているので取り込まれますが、偽物なのでそれ以上は代謝されません。

腫瘍や炎症などの病気がある部位では正常な細胞よりもブドウ糖代謝が活発なため、FDGをより多く取り込み、FDGがより多くたまっていきます。

そして、病気がある部位に集まったFDGからは大量の放射線が出てきます。この放射線をからだの外から特殊なカメラでとらえることにより、病気を診断するのがPET検査ということになります。

なお、FDGにはアレルギー反応や副作用はほとんど報告されていません。
FDGはブドウ糖に近く、身体に必要な成分からできていますので、不純物が混入しないかぎり、健康被害を与えることはありません。